スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2009年06月29日

明かりこけし

 民芸品販売「こけしのしまぬき」(仙台市青葉区)が、本体が傾くと内蔵の発光ダイオード(LED)が自動点灯する防災用こけし「明かりこけし」を開発し、販売を始めました。近い将来、宮城県沖地震の発生が確実視され、同社の島貫昭彦社長は「いざという時に役立つこけし」とPRしています。

 こけしはいずれも高さ30~40センチ。胴の底にLEDを埋め込み、単3電池を2本使用するものです。30度以上傾くと発光し、最長で8時間光り続けるそうです。震度3、4の揺れで倒れるよう、使うこけしは胴の細いものを選んでいます。作並系の伝統こけしと、創作こけしの2タイプ計5種をそろえました。

 明かりこけしは、自動車部品などを手掛けるベンチャー「セプト・ワン」(横浜市)が開発した技術を採用しています。センサーが傾きを感知してスイッチを入れる仕組みで、災害時の非常用照明として、東北地方で身近なこけしを利用できないかと昨年末、しまぬきに持ち掛けたのが商品化のきっかけになったそうです。

 島貫社長は「職人の協力もあって、伝統にとらわれずに防災という新たな役割を与えることができた。個人や企業、集会施設など幅広く購入を呼び掛けたい」と話します。

 価格は1万2000円から2万円程度で、受注生産となります。連絡先はしまぬき022(223)2370へどうぞ。  


Posted by soss at 08:29豆知識

2009年06月18日

「サンドウィッチマン」、被災地へ25万円寄付

 仙台市泉区出身の人気お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の2人が15日、岩手・宮城内陸地震の被災地に義援金25万円を寄付するため、村井嘉浩知事を表敬訪問した。コンビの伊達みきおさん(34)は「義援金で仮設住宅で暮らす方の生活が少しでもよくなれば」と被災者を励ました。
 2人は昨年10月、コミュニティ放送局で収録したラジオ番組をCD化して発売。地震の被災者に「何かできないか」との思いで2人が発案した。CDの売り上げの一部を義援金として寄付した。
 村井知事は「サンドウィッチマンは県民の誇り。感謝している」と話した。県は義援金の受付を終了しているため、義援金は栗原市に引き継ぐ。


[毎日新聞ニュース]より


 私生活でも、ご結婚という明るい話題を提供したサンドイッチマンの二人ですが、義援金の寄付だなんて粋なことをしますね。故郷を思う気持ちを私たちも大切にしたいですね。  


Posted by soss at 08:10豆知識

2009年06月08日

ハマヒルガオ:初夏の訪れ告げる

 東松島市の県矢本海浜緑地公園の大曲海岸で、初夏の訪れを告げるハマヒルガオが次々に開花しました。砂浜は一面淡いピンク色の花で埋め尽くされ、訪れた人たちの目を楽しませているということです。
 ハマヒルガオは、砂丘に群生するつる性の多年草です。大曲海岸では防波堤沿いの砂浜に数キロにわたって群生しています。よく海岸を散策している人によると、今年は例年より約1週間も早く開花したそうで、梅雨入り前までが見ごろということです。
 まだ7分咲きですが、潮風に可憐(かれん)な花を揺らしながら咲き誇るハマヒルガオに、サーファーたちや家族連れなどが足を止め、見入っています。  


Posted by soss at 08:34豆知識