スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2009年10月26日

ノムさん終戦

 楽天が、日本ハムに4―9で敗れ、今季限りで退任する野村克也監督(74)が、43年間慣れ親しんだプロ野球のユニホームに別れを告げた。8回のピンチでは2日前に先発したエース・岩隈を投入。勝利への執念を見せたが、スレッジに3ランを被弾し、完敗で最後の采配を終えた。試合後には両軍の選手から胴上げされ、「野球屋冥利(みょうり)に尽きる」と感無量。会見での毒舌は最後まで鋭く、ボヤキ締めとなった。勝った日本ハムは東映時代を含め、2年ぶり5度目の日本シリーズ進出を決めた。

 ライトスタンドから沸き上がったノムラコールが、さざ波のようにドーム全体に広がった。敵も味方も関係ない。誰もが野村監督のもとへと集まった。「重いぞ」。ニヤリ笑うと、85キロの全体重を球界の後輩たちに預けた。惜別の拍手に包まれながら5度、宙を舞う。「日本一になって、胴上げで落とされてご臨終が理想」。いつも口癖のように話していた。観客の笑顔をまぶたに焼き付け、ベンチを去った。

 「嫌だな。照れくさいやん。あんな胴上げは初めてだ」。温かいファンの声援が心にしみた。「本当にありがたい。野球屋冥利に尽きる。敵地であんなに激励してもらえたんだからな」。稲葉や坪井、吉井コーチ。敵軍にも「野村の考え」をたたき込んだまな弟子たちがいた。「縁だから。人間、何を残すか? 人を残すのが一番。少しは野球界に貢献できたかな」。ユニホームを脱いでも、自らの教えは永遠に伝承されていく。それが何よりもうれしかった。

 ラストタクトは完敗だった。先発の左腕・藤原が2回4失点の大誤算。劣勢で迎えた8回2死二、三塁、最後のかけに出た。2日前に先発した岩隈を投入した。強打者・スレッジには四球を提言したが、エースの希望は勝負だった。3ランが右翼席に吸い込まれると、笑みすら浮かべた。「オレがすべて責任を持てばいい」。全力を尽くして負けたから、悔いはない。

 正直、監督業に未練はある。「ワガママ言わせてもらえば、もう1年やりたかった。石の上にも3年、風雪5年。中途半端だ」。だが、フロントを鋭く批判していた数日前の厳しい表情は、消えていた。「次の監督にすべてを託す。余計なことを言ったら失礼だ」。さわやかに言い切った。

 知将がテレビに出演した時間や新聞に掲載されたスペースを球団が広告費に換算したところ、年間300億円と計算された。野球ファンだけでなく、誰もが楽しんだ試合後のボヤキは、もう2度と聞けない。「ネット裏から見ていきますよ。楽天の変ぼうぶりを。どう変わっていくのか」。プロ野球という勝負の世界に生きた43年間。魂を燃やした戦場へと、月見草が静かに別れを告げた。


[スポーツ報知ニュース]より


 今年の楽天の快進撃には、野村監督の力が大きかったと思いますが、実際にプレーするのは選手です。監督解任に否定的な声が多いのも頷けますが、必ずしも選手が野村監督の下で、戦いやすかったかは疑問です。しかも野村監督の年俸や年齢を考慮すれば、辞任も仕方がなかったかもしれません。新監督の下で、今年以上の成績を残すことができるかが注目です。  


Posted by soss at 08:39豆知識

2009年10月16日

いざ仙台決戦

 さあ、仙台決戦だ。プロ野球パ・リーグの東北楽天ゴールデンイーグルスは16日から、仙台市宮城野区のクリネックススタジアム宮城(Kスタ宮城)でクライマックスシリーズ(CS)第1ステージを戦う。本番を目前に、市内は至る所で応援フラッグがはためき、街は楽天カラー一色。初のCSに意気込むチーム同様、商店街なども「臨戦モード」に入っている。

 チームカラーのクリムゾンレッドで染め上げた横断幕がアーケードを彩るクリスロード商店街(青葉区)。15日には、高さ5メートルのユニホーム形応援フラッグも登場させる。

 加盟店はCS進出決定後、独自に値引きや飲食物のサービスといった応援企画を実施中。同商店街振興組合の荒井岩雄理事は「チーム創設時から商店街を挙げて応援してきた。日本一をつかみ、盛大に祝いたい」と快進撃を期待する。

 仙台パルコ(青葉区)はCSに合わせ、16日に始める応援セールの準備が佳境を迎えた。セールは試合結果次第で、最長29日まで延長する予定。担当者は「勝ち進んでもらい、少しでも長く応援したい」とエールを送る。

 スポーツバー「ハウント」(青葉区)はチケットを入手できなかったファンから問い合わせが殺到し、16日は既に50人分の予約で満席状態。店側は「CS進出を懸けて戦っていたころよりも熱気を感じる」と試合開始を待ちきれない様子だ。

 JR仙台駅構内などの楽天野球団オフィシャルストア3店舗では15日、「決戦」の文字があしらわれたCS限定のTシャツやツインバットなどが売り出される。


[河北新報ニュース]より


 いよいよCSですね。野村監督の退任が決まってしまい、ファンとしては複雑なシリーズとなってしまいましたが、野村監督の有終の美を飾って、勝ち進んでほしいですね。短期決戦ですから岩隈・田中両投手が力を発揮すれば、日本一も夢ではないと思います。  


Posted by soss at 11:32

2009年10月07日

楽天、球団創設5年目で初のCS進出

 クライマックスシリーズ(CS)進出マジックを「2」としていた2位楽天が、対象の4位西武に快勝し、3位以上が確定。球団創設5年目にして初のCS進出を決めた。野村監督は就任4年目でチームをAクラスに導いた。16日から始まるパ・リーグのCSには、日本ハム、楽天、ソフトバンクが出場する。

 満員札止めとなったKスタ宮城の客席はクリムゾンレッドに染まり、野村監督のほほは紅潮した。“エルニーニョ打線”のクリーンアップトリオが序盤から見事な一発攻勢を展開。地元・仙台で、球団史上初のクライマックスシリーズ進出を決めた。

 「何度もやられているピッチャーなので、少ないチャンスを何とかものにしようと思って打席に立ちました。良かったですね」

 口火を切ったのが「3番」の鉄平だ。一回無死一、二塁の先制機。マウンドには今季0勝2敗、通算で0勝9敗と天敵の帆足がいた。チームは手も足も出ない相手だったが鉄平は今季5打数3安打と打ち込んでおり、苦手意識はなかった。カウント1-3からの5球目。内角高めの141キロ直球を振り抜き、先制3ランを右翼席に運んだ。

 「ビッグパワー!! スゴイねぇ」。鉄平の一発で呪縛(じゅばく)が解けた。二死後、中堅左に6号ソロで続いた「5番」の草野は、故郷の宮崎弁のイントネーションでおどけた。

 CS進出決定に向けてイケイケだ。4-3と1点差に迫られた直後の五回一死一、二塁では「4番」の山崎武が右中間席に38号3ランを放ち「入ってくれたぁー。やっと大事な試合で1本出たわ」。

 リンデンの適時二塁打でついに帆足をKO。六回無死一、二塁では鉄平の2本目となる12号3ランが飛び出して11-3と差を広げた。打線の大量援護をもらった先発の青山も好投した。

 「仙台のファンは辛抱強い。どんなゲームになっても途中で席を立たない。ありがたいですよ」

 創設5年目のチームを率いて4年目にして晴れ舞台に導いた野村監督は試合前、これまでの苦労をかみ締めながらしみじみと語った。歓喜に沸く杜の都。強いぞ、楽天。伝説は始まったばかりだ。


[サンケイスポーツニュース]より



 ついにCS進出が決まりましたね。ひょっとすると日本一になるかもしれません。これだけの成績を残しても、野村監督は辞任するらしいですね。ファンやマスコミは続投させてあげたいのでしょうが、複雑な事情があるのかもしれません。  


Posted by soss at 10:30豆知識