2010年10月05日

楽天・岩隈、大リーグ挑戦

 楽天は4日、岩隈久志投手(29)がポスティングシステム(入札制度)を利用して米大リーグに挑戦することを容認したと発表した。岩隈は球団を通じ「メジャー挑戦のチャンスをいただき、感謝の気持ちでいっぱい。来季の球団が決まってからファンに報告をしたい」とコメントした。
 仙台市内で記者会見した池田敦司球団副社長は「(岩隈は)メジャーへの思いが強かった。球団創設以来の最大の功労者で、例外的に認めた」と説明。岩隈は来季中にも海外移籍が可能なフリーエージェント(FA)の資格を取得できるが、今オフに大リーグ移籍を目指すにはポスティングを利用する必要があった。
 今後は球団が11月1日以降に日本のコミッショナー事務局に入札を要請し、連絡を受けた米コミッショナーが大リーグ全球団に通知。最高額を提示した球団に独占交渉権が与えられ、交渉で合意すれば移籍が成立する。
 岩隈は東京・堀越高からドラフト5位で2000年に近鉄入団。04年オフのオリックスとの合併問題でオリックス入りを拒否し、新規参入の楽天入り。08年に21勝を挙げてタイトルをほぼ独占し、最優秀選手(MVP)、沢村賞に輝いた。昨春のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)でも好投し、日本の連覇に貢献。大リーグ側の評価も高い。 



[時事通信ニュース]より



 岩隈投手の大リーグ挑戦は楽しみですね。もちろん、活躍を期待しますが、どれくらい通用するのか、わくわくしますね。今年、速球型ではなく制球重視の高橋投手が10勝しましたね。制球力とスピードの両方を併せ持つ岩隈投手なら20勝くらいできませんかね?



ノンエー




削除
楽天・岩隈、大リーグ挑戦