2009年09月30日

冬の味覚

 宮城産の生食用カキの出荷が29日、県内各地で始まり、浜では朝から殻むき作業に追われました。

 石巻市渡波の県漁協石巻湾支所共同かき処理場では、午前6時から作業員約300人が前日に水揚げして浄化処理した約2.5トンの一年もののカキの殻を小刀で手際良くむきました。

 入札は午後、石巻、塩釜、気仙沼各市の共販所であり、約20トンを扱った石巻では10キロ平均1万6721円で取引されたということです。

 県漁協によると、昨季は放卵の遅れで出荷開始が例年より2週間遅く、消費低迷も重なって県全体の平均取引価格は9700円と初めて1万円を割ったそうです。今季は、1日35トンを上限に計画生産体制を敷き、値崩れ防止を図ります。

 石巻湾支所カキ部長の高橋文生さん(59)は「3年ぶりにシーズン初日から出荷でき、幸先がいい。小ぶりだが、身は締まり、うま味が凝縮している。宮城のおいしいカキをたくさん食べてほしい」と話しています。カキの出荷は来年5月までで、生食用は3月末まで続きます。

 私たちにとっても、食の楽しみは、これからの季節が本番ですね。


同じカテゴリー(豆知識)の記事
 ホーム年間チケット値上げ 来季J1の仙台 (2009-12-08 10:33)
 仙山交流で冬季プレー格安 (2009-11-30 18:28)
 きらめく国分町 (2009-11-19 11:58)
 仙台7季ぶりJ1昇格 (2009-11-11 10:47)
 三村氏死去、悲報に驚く楽天関係者 (2009-11-04 09:21)
 ノムさん終戦 (2009-10-26 08:39)


削除
冬の味覚