2009年11月19日

きらめく国分町

 クリスマスや忘年会シーズンを前に仙台市青葉区の歓楽街・国分町をイルミネーションで彩る「キラキラBun―cho Night~Starlight Avenue」が18日、国分町通をメーン会場に始まったそうです。

 地元町内会「国分町親交会」などでつくる実行委員会が主催し、今年で2回目のこのイルミネーション、新たに2町内会が加わり、昨年より5万個多い約15万個の緑色の発光ダイオード(LED)で200本のツリーを飾りました。

 イルミネーションはクリスマスの終わる12月27日まで、午後5時から午前3時まで点灯されます。昨年より開始時間を30分早めて、期間は約1カ月延ばしました。

 広瀬通との交差点にある大きな木を「シンボルツリー」として点灯式が行われ、国分町親交会の阿部邦彦会長が「ツリーは歳末客を呼び込む誘導灯。街ににぎわいを生み出そう」と呼び掛け、活気あるまちづくりが始まったと言えますね。


同じカテゴリー(豆知識)の記事
 ホーム年間チケット値上げ 来季J1の仙台 (2009-12-08 10:33)
 仙山交流で冬季プレー格安 (2009-11-30 18:28)
 仙台7季ぶりJ1昇格 (2009-11-11 10:47)
 三村氏死去、悲報に驚く楽天関係者 (2009-11-04 09:21)
 ノムさん終戦 (2009-10-26 08:39)
 楽天、球団創設5年目で初のCS進出 (2009-10-07 10:30)


削除
きらめく国分町